クラウドワークス(crowdworks)をゼロからスタート

だいぶ前にとある理由により会社を辞めました(急)
現在求職活動中です。
もうすぐ雇用保険の受け取りが完了するので、せっかくなので無職を楽しもうと思い
クラウドソーシングに手を出すことにしました。
crowdw1.png
クラウドソーシングとは、超かいつまんですっごく聞こえが悪く言い直すと、
「暇を持て余している人に興味ある文章でおびき寄せて低賃金で使役する仕組み」です。
暇を持て余している人は仕事とお金がもらえてWIN。
発注側は人手をアルバイトよりも低賃金で使役できるのでWIN。
ようするに発注側も受注側もWINWINなんです。たぶん。
最近は主婦や新卒で落ち武者となった大学生も多数活躍されているそうなので、
発注側もあまり高いクオリティを期待していないであろう期待を込めて試しにやってみました。
 


 


登録

登録はもうメールアドレス入れて送るだけの簡単なもので、登録用ページにアクセスして必要事項をいれていくだけです。
一応金銭のやりとりが発生するので、
本名連絡先振り込み先の口座情報
はきちんとしたものを入れておく必要があります。
発注時や受注時はあとから設定するニックネームで表示されるので、本名は公にはならないらしい。
プロフィールの写真は著作権や肖像権を害しない程度でテキトウに。
だれも受注者の顔になんて興味はないし、今の時代いくらでも偽造できるので信用性もないです。
糞真面目に自分の顔写真を挙げている人もいるようですが、後々後悔します。絶対に。


スキルや経歴とかプロフィール情報を登録

発注者から付け焼刃程度の信頼を得るために、自分が持っているスキルや経歴を登録しろと表示されます。
私は面倒なので経歴・実績は空欄です。
crowdw2.png
一応スキルについては、それっぽいものを登録しておきましたが
これらはスカウト等を期待するものなので、自分からガンガン突っ込んでいく感じの人は空欄でも良いのかもしれません。


受注に突撃

プロフィールとか面倒なのでテキトウに置いておいて、早速受注するためにガンガン突っ込んでいきましょう
一番やりやすく
騙されても時間的損害が少なく
単純明快なもの
「タスク」っていうやつらしい。
crowdw3.png
1000文字300円とかいうワタ○真っ青のとんでもない低賃金労働が跋扈しているようですが、
実績を作るためにとりあえず短時間でテキトーにできそうなものを選んでいきます。
crowdw4.png
見つけました。
案件によっては、承認率(発注者から納品したタスクが認められた割合)がある程度に達していないと取り掛かれないものもあるみたいなので、承認率に関係がなく安いものをテキトーに選択しました。


タスクを納品

タスクが決まったらあとは書かれたルールにしたがって文章を入力していきます。
気を付けるべきは入力に1時間の規制があること。
1時間たつと強制的にキャンセル(途中で仕事を投げ出した扱い)になってしまうので絶対に避けるべきです。
はじめにタスクの内容を見ておいて、メモ帳で編集してからコピペして納品するのがベストっぽいです。
入力が完了したら、入力欄に間違いがないことを確認して、完了ボタンおすだけ。簡単。


承認結果が出るまで待つ

発注者が納品した文章を見て、採決を下すまであとは待つだけ
待ってる間にほかの案件に手を付けてもいいので、ガンガン突っ込んでいきましょう。
(ちなみに汚い発注者は、承認をすっぽかして内容だけパクッてバックレたり、すべて非承認にしてアイデアだけパクるなんてのもあるそうです)
crowdw5.png


採決が下る

余裕で承認されました。
これで一件目なので、承認率は100%になり、事実上すべてのタスクに特攻できるようになりました。
crowdw6.png
承認されたということは、額面がすべて振り込まれるということです。
ただし額が小さすぎてまだ引き出すことができません
crowdw7.png


総評

今は人気になりすぎた結果、単価が下がりまくったり、質の悪い発注者、受注者が入り乱れ
騙し騙されの血で血を洗う戦場状態の中、
誰よりも早く荒野の花(良質案件)を早くみつけ、水をやる(質の高い仕事を納品する)場となっています。
業界暫定2位のクラウドワークスでこれだから、ランサーズはもっとヤバいんだろうなぁ・・・。
結論:無職なら突っ込め


コメントを残す