六縁試策

六縁試策 | ″試してみて面白かったものを作る″

センサレスブラシレスモーター実験基板:使用準備および使用方法

カテゴリー : その他・お知らせ等 | 2016-09-11 | 16:05:00

使用準備

  1. パッケージを開封し、背の高い部品(基板上部コンデンサやコイルなど)にグラつきがないかを確認
  2. コネクタ、ピンヘッダなどの接続に使用する部品のハンダ付け
  3. DRV8301内蔵の降圧レギュレータの調整
    1. 降圧レギュレータを使用しない場合
      1. DRV8301チップ実装位置のすこし上の「W101」をGNDに接続(降圧レギュレータが無効になります)
    2. 降圧レギュレータを使用する場合
      1. 基板左上部分の半固定抵抗「RV102」を15KΩ程度になるように調整(W102[テスタ+極]、W103[テスタ-極])
      2. 電源を接続し、VCC、GND間の電圧が目的の電圧になるよう半固定抵抗「RV102」で調整
      3. 降圧レギュレータ動作LED「LED101」が点灯していることを確認
  4. DRV8301内蔵アンプの基準電圧ピン「JP101[上]」に基準電圧の出力を接続
    (通常であればJP101[下]と接続で良い:内蔵レギュレータ出力電圧の0.5倍が基準電圧となる)
  5. 出力に応じて、電源用電解コンデンサの取り付け(C103、C104、C105、C106)
  6. 出力に応じて、ヒートシンクやヒートスプレッダの取り付け

(実験段階でデッドタイム調整用抵抗「RV101」を調整してください)


参考画像

内蔵レギュレータ電圧調整
▲デッドタイム調整「RV101」・内蔵降圧レギュレータ電圧調整「RVAR102」

全部品実装状態(表)画像
▲全部品実装状態(表)画像

全部品実装状態(裏)画像
▲全部品実装状態(裏)画像


使用方法

  1. マイコンなどとの接続
  2. モーターとの接続
  3. 電源を投入(25ms程度で降圧レギュレータからの出力)
  4. EN_GATEをHIGHの状態(EN_GATEのLED点灯)にし、SPI待機状態にする
  5. SPIにて初期化およびパラメータ書き込みを行う
  6. FAULTのLEDが全消灯状態であることを確認(点灯=異常)
  7. PWMを送出し、モーターを回転させる
  8. モーターを停止し、EN_GATEをLOW(EN_GATEのLED消灯)にする
  9. 電源断

mbed用ライブラリ

DRV8301CTRL:DRV8301をSPIでコントロールするための簡易ライブラリ

BLDC1Axis_DRV8301CTRL:上記ライブラリを使用して、Nucleo F411REから実際にモーターを回した際のプログラム(強制駆動方式:センサレス制御なし)

ArduinoまたはGR-SAKURA用ライブラリ

DRV8301CTRL.h:上記mbed用のプログラムをArduino用に移植したもの

DRV8301CTRL.cpp:上記mbed用のプログラムをArduino用に移植したもの