真の意味でマルチコプターつくりたい(0)

マルチコプターとかドローンっていう言葉、あまりニュースでも見かけなくなりましたが
相変わらず世間ではバカが文化遺産近くで飛ばしたり、平気で他人の敷地に墜落させて
アヘ顔でYOUTUBEにアップして「皆さんも気を付けてください」とか書いてるバカが多くてうんざりしますね。

こんな状態なら日本でマルチコプターとかドローンがバカに普及しないほうが逆に良いのかもしれません。


電子基板の作成やらなんやらをやっていて記憶から消していたオリジナルマルチコプターの件
もはやモータードライバーを自作することも諦め、現時点で手元にあるものを使って
オリジナルマルチコプターを具現化したいと思います。

キット品を説明書通りに組み立てるだけでは自作とは呼べないんだよ。


予想構成

無線送受信機
電池:単三電池とか
操作部:そのへんの電子部品を寄せ集めて作る
マイコン:mbedかなー?
無線マイコン:TWE-LITE DIP x 2
アンテナ:TWE-LITEのダイポールアンテナでいいか x 2

本体
電池:18650 x 2 または 18650電池 x 4 (7.4V 並列)
マイコン:GR-SAKURAまたはmbed系列
9軸センサ:自分で作った複合基板(BNO055 + BME280)
モーター:820KV~920KVくらいの市販のマルチコプター用ブラシレスモーター x 2
モータードライバ:悔しいけど市販のESCを使う x 2
プロペラ:固定ピッチのプラスチック製の市販品 x 2
方向転換パドル:安物のサーボモーター x 2
筐体:プラスチックは重いので、可能な限りスチレンボード使う
骨格:どうしても立体形成が必要なら3Dプリンタで出力する

ソフトウェア
もちろん全部自作


まぁいつ完成できるかは自分にもわからない。
しかし本当の問題は、「バカの所為で飛ばす場所が制限されすぎてて飛ばせない」ってことなんだよね。


コメントを残す